日経メディカルのロゴ画像

国立国際医療研究センター病院が新サイトを公開
あなたの都道府県の薬剤耐性菌の耐性率は?

 国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターは10月7日、ヒトや動物、環境分野における薬剤耐性菌の耐性率や、抗菌薬使用量などのデータを集約したウェブサイト「薬剤耐性(AMR)ワンヘルスプラットフォーム」を公開した。各データは、分野別、都道府県別、年別に集計され、地図やグラフで表示することができる。

 ヒトの抗菌薬使用量は地域横断的に表示したり、全国や他県のデータと比較できる(図1)。ヒトの薬剤耐性菌の耐性率は、地域や経年で表示可能(図2)。一般国民を対象とした抗菌薬に関する意識調査の結果をグラフとして表示することもできる(図3)。他にも、ヒトの予防接種の接種率や全数把握対象疾患の報告数、動物の薬剤耐性率や抗菌薬使用量を経年比較することもできる。

図1 ヒトの抗菌薬使用量

図2 ヒトの抗菌薬使用量の都道府県比較

図3 一般国民を対象とした抗菌薬に関する意識調査の結果

この記事を読んでいる人におすすめ