日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第47回日本救急医学会総会・学術集会
ERでの暴力患者、医療者の対応には限界が

ERでの暴力患者、医療者の対応には限界がの画像

ERで暴力を振るう患者に対して、医療者はどこまで我慢すべきなのか――。公立陶生病院救命救急センター(愛知県瀬戸市)の市原利彦氏らは、現行犯逮捕となった症例について、第47回日本救急医学会総会・学術集会(10月2~4日、東京都)に報告。ERがこうした暴力患者を受け入れるのには限界があるとし、組織的な対応や行政の早期介入の必要性を訴えました。

この記事を読んでいる人におすすめ