2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)開催時期に発熱患者を診た場合、インフルエンザを考慮すべき──。第47回日本救急医学会総会・学術集会(10月2~4日、開催地:東京・千代田区)で財団法人海外邦人医療基金マニラ日本人会附属診療所駐在の菊地宏久氏が発表した。

東京2020開催中の発熱患者はインフルエンザを疑うの画像

ログインして全文を読む