日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎協会けんぽ加入者のレセプト分析で明らかに
急性上気道炎への抗菌薬処方に大きな地域差

 全国健康保険協会(協会けんぽ)は、加入者(全国約4000万人)のレセプトデータなどを活用し、急性上気道炎に対する抗菌薬の処方割合が毎年減少していることを明らかにした。ただし、地域差は大きく、2人に1人に処方されている都道府県がある一方で、4人に1程度の処方にとどまっている都道府県も存在していた。また、急性上気道炎に対して抗菌薬投与を検討する場合に国が推奨しているアモキシシリンの処方割合にも大きな地域差が存在することも明らかになった。協会けんぽは、今回明らかになった抗菌薬使用における地域差が今後どうなるか使用動向に注視していく考えだ。

 今回の解析は、協会けんぽが2018年4月に策定した「保険者機能強化アクションプラン(第4期)」に沿ったもの。医療費適正化などのための情報発信を目的に、都道府県単位(支部ごと)の地域差を解析した。今回は、抗菌薬の使用状況、人工透析、診療時間外受診の3つをテーマに地域差を解析しているが、今後、異なるテーマでも調査を実施する計画だ。

 急性上気道炎に対する抗菌薬の使用状況は、全加入者の2016年6月~2018年5月受付レセプト(一部2015年6月~2019年5月)の中で「急性上気道炎」の疾病名(疑いは除く)が存在するレセプトを対象に解析した。

 急性上気道炎に対する抗菌薬使用は、2015年度には43.6%だったが、年々減少し、2018年度は31.4%となっていた(図1)。

図1 急性上気道炎への抗菌薬の使用割合(提供:全国健康保険協会、図2、図3とも)

この記事を読んでいる人におすすめ