2020年開催される東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020大会)に多くの渡航者が訪れることで懸念される、海外からの持ち込み感染症。日本感染症学会はこのほど、持ち込み感染症への対応として、「症状からアプローチするインバウンド感染症への対応~東京2020大会にむけて~」の電子版および冊子体ガイドを準備すると発表した。

東京2020で懸念される持ち込み感染症に対応をの画像

ログインして全文を読む