「下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術のガイドライン2019」が、第39回日本静脈学会総会(会期:7月4~5日、開催地:名古屋)で発表された。この領域では、レーザーによる血管内焼灼術(ETA)への保険適用を目前にした2010年に、「下肢静脈瘤に対する血管内治療のガイドライン」が作成されている。今回、その後のETAの普及を踏まえ、クリニカルクエスチョンとエビデンスに基づいた推奨を備えた標準的な診療ガイドラインとして全面的に改訂された。

下肢静脈瘤の血管内焼灼術ガイドライン発表の画像

ログインして全文を読む