公立福生病院(東京都福生市)で透析を中止した女性が亡くなった事例を受け、「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」(2014年)を見直している日本透析医学会は6月28日、第64回日本透析医学会学術集会・総会(6月28~30日、横浜市)で、終末期でない患者が透析を希望しない場合の意思決定プロセスを盛り込むなど、新たな提言の方向性を示した。

透析を希望しない意思決定プロセスも提示への画像

ログインして全文を読む