文部科学省は2019年6月28日、大学付属病院で働く医師・歯科医師のうち、医療現場で診療行為を実施しながらも大学から給与が支給されていないため、遡って、または今後は給与を支払うとした医師が2191人いたとする調査結果を公表した。いわゆる「無給医」に関する調査で、該当する医師・歯科医師がいると報告した大学病院は50に上った。

文科省「50施設に計2191人の無給医」と公表の画像

ログインして全文を読む