DPP-4阻害薬リナグリプチンの心血管安全性をSU薬グリメピリドと比較したCAROLINA試験の結果が、第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019、6月7~11日、開催地:サンフランシスコ)で発表された。心血管安全性に関してリナグリプチンはグリメピリドに比べ非劣性の証明にとどまったが、低血糖のリスクは3分の1に抑えられた。

DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は?の画像

ログインして全文を読む