第62回日本糖尿病学会年次学術集会(5月23~25日、開催地:仙台)で、日本循環器学会と日本糖尿病学会が共同編集している「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント」のアウトラインが公表された。糖尿病治療薬の選択に関しては、「患者ごとの病態に合わせた選択」という現状の我が国のガイドラインに準拠しつつ、心不全の既往があるまたは心不全のリスクが高い患者に対してはSGLT2阻害薬の投与検討を推奨した。今後、両学会会員や関連学会の意見集約を経て、今夏から秋に発表される予定だ。

糖尿病患者の循環器合併症予防する指針案提示の画像

ログインして全文を読む