日経メディカルのロゴ画像

降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表

JSH2019作成委員会事務局長の平和伸仁氏

 5年ぶりの改訂となる高血圧治療ガイドライン2019JSH2019)が4月25日に発売されることを受け、4月19日に日本高血圧学会が都内で記者発表会を行い、JSH2019の改訂ポイントを紹介した。

 既報の通り、JSH2019では高血圧基準値140/90mmHgに維持しつつ、合併症のない75歳未満の成人の降圧目標130/80mmHg未満へと強化した。早期からの生活習慣改善を重視し130/80mmHg未満への積極的な降圧を目指すとした米国や欧州の新ガイドラインと整合性が取れた方針となった。

 140/90mmHg以上の高血圧の分類(I~III度)は従来通りだが、130~139/80~89mmHgの範囲を新たに「高値血圧」と呼称。高値血圧を呈する患者に対しては、生活習慣改善などの非薬物療法によって130/80mmHg未満への降圧を目指すが、高リスクの患者(囲み参照)を除き薬物療法は行わない。このため、降圧薬を新規処方される患者数が大幅に増加することはないとしている。

 高血圧患者が薬物療法開始後に高値血圧に達した場合は、高リスク患者以外では生活習慣の修正を強化し、薬剤を追加することなく130/80mmHg未満への降圧を目指す。一方、高値血圧の高リスク患者は薬物療法も含めた降圧治療を行う。

 登壇したJSH2019作成委員会事務局長の平和伸仁氏(横浜市立大学附属市民総合医療センター腎臓・高血圧内科部長)は、日本の高血圧患者4300万人のうち、血圧をコントロールできているのは1200万人にとどまっている現状に触れ、「早期からの生活習慣改善によって、多くの高血圧患者と予備軍の生命予後を向上できる」と強調した。

 なお、収縮期血圧120~129mmHgかつ拡張期血圧80mmHg未満は「正常高値血圧」、120/80mmHg未満は「正常血圧」との名称に変更された。

この記事を読んでいる人におすすめ