医療・介護関連肺炎(NHCAP)患者の多剤服用状態に対して介入しても予後を悪化させない。だから積極的に処方薬を見直すべきではないか──。千葉大学医学部附属病院呼吸器内科の佐々木篤志氏らは、第59回日本呼吸器学会学術講演会(4月12~14日、開催地:東京・千代田区)で、医療経済やポリファーマシー防止の観点から、NHCAP患者の多剤服用に対する介入の重要性を訴えた。

NHCAP患者の退院時に処方薬整理は積極的にの画像

ログインして全文を読む