我が国の実臨床における経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)施行患者の予後は、同程度の重症度で保存的治療が選択された患者よりも良好で、外科的大動脈弁置換術(SAVR)施行患者とは同等だったと、第83回日本循環器学会学術集会(3月29~31日、開催地:横浜市)で京都大学循環器内科の竹治泰明氏らが発表した。

実臨床でTAVIは保存的治療より予後を改善の画像

ログインして全文を読む