日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019)
トランスサイレチン型心アミロイドーシスに世界に先駆け治療薬登場
日本循環器学会が適正使用のための施設・医師要件を設定

トランスサイレチン型心アミロイドーシスに世界に先駆け治療薬登場の画像

 2019年3月26日、ビンダケル(一般名タファミジスメグルミン)の適応が拡大され、従来は有効な治療法が存在しなかった、野生型トランスサイレチン型心アミロイドーシスによる心筋症に対する世界初の治療薬として使用可能となった。これに伴い、日本循環器学会は「トランスサイレチン型心アミロイドーシス症例に対するビンダケル適性投与のための施設要件、医師要件に関するステーテメント」を発表し、第83回日本循環器学会学術集会(3月29~31日、開催地:横浜市)において同学会学術委員会委員長の福田恵一氏(慶応義塾大学循環器内科)が記者会見を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ