第83回日本循環器学会学術集会(3月29~31日、開催地:横浜市)の開催に合わせて、「安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)」が発表され、同日、ガイドライン合同研究班員の門田一繁氏(倉敷中央病院循環器内科)と荒井裕国氏(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科心臓血管外科学)が記者会見を行った。冠動脈疾患の治療法として、経皮的冠動脈インターベンションPCI)と冠動脈バイパス術CABG)を併記した初めてのガイドラインとなる。

初のPCI・CABG併記の血行再建GLが発表の画像

ログインして全文を読む