厚生労働省は3月27日、「医療機関における外国人患者の受け入れにかかる実態調査の結果」を公表した。それによると、外国人患者の受け入れ実績のある病院のうち18.9%で未収金が発生しており、21病院に関しては未収金の発生額が1月で100万円を超えていた。

外国人患者の受け入れ病院、18.9%が未収金ありの画像

ログインして全文を読む