厚生労働省は2019年3月22日、医道審議会医師分科会医師専門研修部会を開催。サブスペシャルティ専門医について議論がまだ不十分として、既に日本専門医機構で認められていた23領域の専門医についても承認を見送った。これにより、2019年4月から予定されていた、内科や外科の基本領域と、23領域の研修を平行して行う連動研修も開始できないことになる。ただし、内科や外科には経験症例を記録する仕組みがあることから、機構では当初の予定通り研修を進めながら、23領域が承認された時点で過去の症例を追認できるようにして専攻医への影響を最小限にとどめることを目指す。

 

4月からの基本領域とサブスぺ領域の連動研修を認めずの画像

ログインして全文を読む