毎日新聞は、3月7日、公立福生病院(東京都福生市)で「腎臓病患者の女性(当時44歳)に対して人工透析治療をやめる選択肢を示し、透析治療中止を選んだ女性が1週間後に死亡した」と報じた。この報道を受け日本透析医学会は、同日、調査委員会を立ち上げ、今後、病院への立ち入り調査を含めて、本件に関する調査を行う方針であることを発表。加えて、その報告に基づき外部委員を入れた倫理委員会で審議していくという。

「透析中止で死亡」報道を受け、学会が調査にの画像

ログインして全文を読む