日本医師会は、2019年2月20日の記者会見で、マイナンバーカードに保険証の機能を搭載するとした政府の方針について、「マイナンバーと医療情報とが紐づけされるということはない」と強調し、そうした誤解が生じることへの懸念を示した。

 今回の日医の見解は、政府が2019年2月15日、マイナンバーカード(個人番号カード)健康保険証として利用できるようにすることを盛り込んだ健康保険法などの改正案を閣議決定したことを受けたもの。

日医が「マイナンバーと医療情報の紐づけは誤解」と強調の画像

ログインして全文を読む