文部科学省は2018年12月25日、過去の入試不正で影響を受けた受験生を救済するための追加合格で影響を受ける医学部に対し、2019年度の募集定員は減らすことなく、翌年以降の定員から削減することを可能にする臨時措置を発表した。既に出願手続きが始まっている大学もある中で、マクロでの医師数には影響を与えないよう考慮しながら受験生に配慮した策を打ち出した。

入試不正に伴う募集定員減に文科省が対応を公表の画像

ログインして全文を読む