中国Southern University of Science and Technology(南方科技大学)の研究者であるJiankui He(賀建奎)准教授は、2018年11月28日、香港で開催されている第2回ヒトゲノム編集に関する国際サミット(Second International Summit on Human Genome Editing) で講演。ゲノム編集技術であるCRISPR/Casを用いて、CCR5遺伝子に欠失変異を誘導した2個の受精卵から、2人の女児が生まれたと主張した。さらに現在、ゲノム編集した別の受精卵を移植した女性が、妊娠している可能性があるという。

 これまでの研究から、HIVが感染する際の共受容体であるCCR5遺伝子に、32塩基の欠失変異(CCR5-Δ32)を持つホモ接合体のキャリアでは、HIVが感染しにくく、感染しても予後が良好であることが分かっている。そこでHe准教授は、出生後にヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しないようにするため、男性(父親)がHIV感染者で、女性(母親)は非感染者の夫婦を対象として、CRISPR/Casを用いて、CCR5遺伝子に32塩基の欠失変異を人為的に導入した受精卵を作製。受精卵を女性に移植して、子どもを出生させる臨床試験を立案したと説明した。

中国の研究者「ゲノム編集で女児誕生」と発表の画像

ログインして全文を読む