日本病理学会は、生検試料のスライド標本を画像データ化し、保存や施設間でのデータのやりとりなどを行うデジタルパソロジーに関するガイドライン案を作成し、11月22日から広島県呉市で開催された第64回日本病理学会秋期特別総会で公表した。

デジタルパソロジーに関するガイドライン案作成の画像

ログインして全文を読む