2020年の発行を目指し、日本集中治療医学会と日本救急医学会が共同で作成する「日本版敗血症診療ガイドライン2020(以下、J-SSCG2020)」の改訂作業が始まった。現在はクリニカルクエスチョン(CQ)を固め、両学会のウェブサイト上でパブリックコメントを募集している。J-SSCG2020のポイントについて、同ガイドライン特別委員会委員長を共同で務める小倉裕司氏(大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター准教授)と、江木盛時氏(神戸大学大学院医学研究科外科系講座麻酔科学分野准教授)に聞いた。

神経治療や患者家族のケアにも言及する新・敗血症診療GLの画像

ログインして全文を読む