心不全診療におけるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実践率は、13%にとどまっていることが報告された。浜松市内の医療機関に勤務する医療従事者を対象に行った調査で明らかになったもので、聖隷浜松病院の齋藤秀輝氏が、第22回日本心不全学会学術集会(10月11〜13日、東京)で発表した。

心不全患者へのACP、実践率は13%の画像

ログインして全文を読む