来年に改訂が予定されている「高血圧治療ガイドライン2019」(JSH2019)では、高血圧基準値140/90mmHgに維持する方針が示された。一方、合併症のない75歳未満成人の降圧目標は130/80mmHg未満へと強化する。今後、パブリックコメントや関連学会の意見聴取を通して内容の最終調整を行う。JSH2019の作成委員長を務める梅村敏氏(横浜労災病院[横浜市港北区]院長)が、第41回日本高血圧学会総会(9月14〜16日、開催地:北海道旭川市)で草案を提示した。

新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針の画像

ログインして全文を読む