日本専門医機構は2018年8月27日、定例の記者会見を実施。2019年度の専攻医(後期研修医)定員数について、5都府県で引き続きシーリングを設けること、内部資料が流出した問題に関して第三者委員会を設置することなどを示した。

2019年度の東京の専攻医定員はさらに5%減への画像

ログインして全文を読む