日本専門医機構は8月3日、今期の第2回理事会を開催し、2019年度の東京都の専攻医定員上限を5%をめどに削減する方針を打ち出した。東京都への1極集中との批判に応えるものだが、専攻医の少ない診療科もあり、何パーセントにするかも含め詳細は今後、詰めるという。また、当初、9月1日からとしていた専攻医の募集開始は、地域医療対策協議会への対応を考慮し、10月半ばからとする方針も示した。

2019年度の専攻医募集開始は10月半ばごろにの画像

ログインして全文を読む