冠動脈疾患がある、または疑われる324例に対し、血流維持型血管内視鏡検査を施行し大動脈内部を観察したところ、8割の患者に自然破綻した大動脈プラークが見つかった。NPO法人日本血管映像化研究機構理事長の児玉和久氏(大阪警察病院[大阪市天王寺区]名誉院長)らのグループが米国心臓病学会誌(JACC)6月25日号に報告した。

大動脈プラーク自然破綻は日常的に起きている?の画像

ログインして全文を読む