日経メディカルのロゴ画像

総合的な診療能力持った病院勤務医の養成を
全日病が総合医育成事業をスタート
約60人の医師が長期のプログラムに参加

 全日本病院協会(全日病)は7月14日、同協会会員施設の医師を対象に、総合的な診療能力を身に付けるための研修「全日病総合医育成プログラム」を開始した。受講期間は2年(希望により1~5年)と長期のプログラムだが、全国から約60人の医師が集まった(関連記事:病院勤務医も「総合的な診療能力」の研修を)。全日病の担当者は「受講の申し込みを受け付け始めてから2~3カ月後には、定員として想定していた40人を超える応募が寄せられたため、定員数を増やして対応した」と応募状況を話す。

この記事を読んでいる人におすすめ