6月8日から11日までスペイン・バルセロナで開催されている第28回欧州高血圧学会(ESH 2018)で9日、欧州の新しい高血圧治療ガイドラインが発表された。高血圧の基準値は従来通りの140/90mmHgに据え置かれたが、降圧目標は忍容性があれば、ほぼすべての患者で130/80mmHg未満に下げられた。2017年に改訂発表された米国の高血圧治療ガイドラインでは基準値を130/80mmHgに引き下げたことから欧州の動向が注目されていたが、全面的な追従は避けた形となった。

欧州の改訂高血圧ガイドライン、基準値は下げずの画像

ログインして全文を読む