日経メディカルのロゴ画像

ウェブでの治療体験談はNGに
医療広告ガイドラインが改正、ここに注意を!

 厚生労働省は5月8日、医療機関の広告やウェブサイトの記載に関する新たな省令・告示と、その具体的内容を示した「医療広告ガイドライン」を公表した。施行日は6月1日。

 国は従来、医療機関が掲出する看板やテレビCMなどの広告については医療法などで制限してきたが、医療機関が運営するウェブサイトについては原則、2012年に作成した「医療機関ホームページガイドライン」による自主規制を求めるにとどまっていた。6月1日からは、医療機関のウェブサイトについても他の広告媒体と同様に規制の対象となり、違反した場合は都道府県による行政指導立入検査が行われる。さらに是正されない場合は罰則や行政処分の対象になる。

 今回の改正によって、保険診療を主に行う医療機関が注意すべきポイントは2つある。1つ目は、医療機関のウェブサイトに書かれている内容について、看板やテレビCMと同様に「広告禁止事項」(いわゆるネガティブリスト、表1)に抵触していないかどうか確認しなくてはならないことだ。

この記事を読んでいる人におすすめ