血中テオフィリン濃度を測ることによって、カフェイン中毒の確定診断が可能になるのではないか――。兵庫県立加古川医療センター救命救急センターの小野雄一郎氏と当麻美樹氏らは、テオフィリン濃度の測定に使用する検査機器と試薬を用いてカフェイン濃度を測定し、その可能性を探り、10月24日から3日間開催された第45回救急医学会総会・学術集会で当間氏が報告した。

カフェイン中毒はテオフィリン検査で代用できるの画像

ログインして全文を読む