日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第27回日本外来小児科学会より
母乳だけで育つ乳児の75%がビタミンD不足
48カ月齢以下の乳幼児全体では21%

順天堂大学小児科の中野聡氏

 国内の乳幼児におけるビタミンDの体内蓄積状況を調査したところ、0~6カ月齢の乳児の3割以上がビタミンD欠乏状態にあり、およそ半数が不足状態にあることが分かった。また、母乳栄養が中心の0~6カ月齢児では、50%がビタミンD欠乏状態、25%が不足状態であり、欠乏状態と合わせると75%がビタミンD不足の状態にあった。9月2~3日に開催された第27回日本外来小児科学会(開催地:三重県津市)で、順天堂大学小児科の中野聡氏らが発表した。

 ビタミンDが欠乏状態にあり、下肢変形などの臨床症状を伴う場合をビタミンD欠乏症と呼ぶ。ビタミンD欠乏症は先進国で再燃傾向にあり、特に乳幼児での報告が世界的に増加している。原因としては、アレルギー治療のための食事制限や日光浴不足、母乳栄養中心の乳児で離乳食への移行が適切に進まない場合などがある。ビタミンD欠乏状態の乳幼児の頻度は、人種や日照時間、服装の文化などの影響を受けるため国によって異なるが、日本における頻度はこれまで不明だった。

 今回中野氏らは、東京都と静岡県における生後48カ月までの健康な乳幼児290例(うち男児166例)を対象に、血清25水酸化ビタミンD(血清25OHD)値の測定を行った(期間は2011年5月~2012年7月)。月齢によって離乳食の導入状況が異なるため、離乳食移行前の0~6カ月齢群(55例)、離乳食に移行した7~12カ月齢群(58例)、離乳が完了した13~48カ月齢群(177例)の3群に分け、それぞれRIA2抗体法で血清25OHD値を測定した。昨年報告された国際的なコンセンサスに基づいて、12ng/mL未満をビタミンD欠乏状態、12~20 ng/mLを不足状態、20 ng/mL超を正常とした。血清25OHDとはビタミンDの代謝産物で、血中で長時間維持されるため、ビタミンDの体内蓄積状況を示す指標として利用されている。

 調査の結果、対象にくる病の乳幼児はいなかったものの、全体の7.2%にビタミンDの欠乏を認め、特に0~6カ月齢群では欠乏状態の頻度が他の群と比べて有意に高かった。0~6カ月齢群では32.7%が欠乏状態で、16.4%が不足状態だった。7~12カ月齢群では3.5%が欠乏状態で、6.9%が不足状態、13~48カ月齢群では0.6%が欠乏状態で、15.3%が不足状態だった(図1)。

この記事を読んでいる人におすすめ