日経メディカルのロゴ画像

今夏は例年とは異なる型のウイルスが主流か
プール熱は過去10年で最多レベル、手足口病も2年ぶり流行

 咽頭結膜熱(プール熱)と手足口病の感染拡大が勢いを増している。国立感染症研究所が7月11日に公開した第26週(2017年6月26日~7月2日)の定点当たり報告数によると、咽頭結膜熱が0.93人/週、手足口病は3.53人/週と流行しており、特に咽頭結膜熱は過去10年で最大レベルの流行となっている。

 同研究所感染症疫学センター第四室長の藤本嗣人氏は「これらが今年流行している理由は不明だが、今シーズンの咽頭結膜熱と手足口病では、例年の流行とは異なる型のウイルスが多い傾向にある」と説明する。

この記事を読んでいる人におすすめ