日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会
新しい時代のFH診療へ『広島宣言』を発表

 「高コレステロール血症動脈硬化症の診察では常に家族性高コレステロール血症FH)を念頭に置き、FHを見逃さないように努めます」――。7月6日から広島市で開催された第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会の初日に行われたシンポジウム「新しい時代のFH診療」で、シンポジストらによる『広島宣言』が発表された。専門家らによる決意表明といえるもので、シンポジウムの参加者らは大きな拍手で支持を表明した。

 『広島宣言』は、FHの診断、家族スクリーニング、積極的治療の3項目からなる(写真1)。FHの診断では、「常にFHを念頭に置いた」高コレステロール血症や動脈硬化症の診察を目指し、FHを見逃さないと宣言した。

この記事を読んでいる人におすすめ