日経メディカルのロゴ画像

乳児型脊髄性筋委縮症治療薬「スピンラザ髄注」、秋にも発売へ
国内初のアンチセンス核酸医薬品が承認取得

 米Biogen社の日本法人であるバイオジェン・ジャパンは、2017年7月3日、「スピンラザ髄注」(ヌシネルセンナトリウム)が、厚生労働省から承認されたと発表した。効能・効果は、乳児型脊髄性筋委縮症(SMA)。

この記事を読んでいる人におすすめ