日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会
【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表
繰り返す誤嚥性肺炎・終末期肺炎に「治療しない」選択肢

刊行されたばかりの新ガイドラインを手に講演する長崎大学呼吸器内科学の迎寛氏

 日本呼吸器学会は4月21日、3年以上の年月をかけて作成した「成人肺炎診療ガイドライン2017」を発表した。これまで肺炎診療のガイドラインは、成人市中肺炎(CAP:community acquired pneumonia)、成人院内肺炎(HAP:hospital acquired pneumonia)、医療・介護関連肺炎(NHCAP:nursing and healthcare associated pneumonia)と、肺炎の病型ごとの3つのガイドラインが作られてきたが、それを1つにまとめて単純・明確化し、非専門の医師にとっても使いやすくすることを目指した。最大のポイントは、繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎などに対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込んだ点だ。

 同日、都内で開催された第57回日本呼吸器学会学術講演会の特別講演では、ガイドライン作成委員を務めた長崎大学呼吸器内科学教授の迎寛氏が新ガイドラインのポイントを紹介した。肺炎は日本人の死因第3位で、その数は増え続けているが、肺炎死亡者数のうち96.8%が65歳以上。「医療現場では特に、誤嚥性肺炎や終末期の肺炎への治療が大きな課題となっており、対応に苦慮してきた。QOLを重視する方針もあるのだという考え方をガイドラインで打ち出すことで、医療者や一般の人々が考えるきっかけになればよい」と語る。

 新ガイドラインは25のクリニカルクエスチョン(CAP診断・治療で12項目、HAP/NHCAP9項目、予防4項目)を設定し、エビデンスと実地医療に即した推奨を掲げた。日本の肺炎診療の課題としては、耐性菌が増えている現状もあるため、薬剤耐性菌の蔓延を抑制する、限られた抗菌薬を有効に使っていく、といった視点も重視した。

CAPとNHCAP・HAPの2つに大別
 新ガイドラインでは、CAP、NHCAP、HAPという患者の居場所や患者背景によって分類した3病型について、その治療方針を考えるアルゴリズムをフローチャートで示している(下図)。

この記事を読んでいる人におすすめ