厚生労働省は4月20日、医療従事者の需給に関する検討会ならびに医師需給分科会の合同会議を開催し、5月以降、具体的な医師偏在対策を集中的に議論する方針を表明した。法改正を伴わない対策については、2018年度からスタートする第7次医療計画に反映させ、法改正が必要な対策については早期の法案提出を目指す。

医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指すの画像

ログインして全文を読む