日経メディカルのロゴ画像

厚労省「医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」が報告書を厚労相に提出
医師・看護師等の「新しい働き方」を提言

報告書を手渡す検討会座長の渋谷健司氏(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授、左)と受け取る塩崎恭久厚生労働大臣(右)

 厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授・渋谷健司氏)は4月6日、報告書をまとめ、塩崎恭久厚生労働大臣に手渡した。短時間労働時差勤務の導入といった勤務体系の見直しや、偏在是正を目的とした外来医療の提供体制の最適化、医師の業務を他職種に移管する「タスク・シフティング」の推進など、医療従事者の働き方について多岐にわたる提言を行った。

 検討会は、医療を取り巻く環境の変化や患者・住民のニーズの増大、多様化を踏まえ、今後目指すべき医療のあり方と、それを踏まえた医師や看護師等の働き方・確保のあり方について検討するため、2016年10月に発足した。医師10万人を対象とした働き方や将来のキャリア選択に関するアンケート調査や、地域のニーズに合わせて様々な取り組みを行う医療従事者へのヒアリングなどを基に、医療を「高生産性・高付加価値」構造に変え、医師が高い専門性をもって本来行うべき業務に注力できる環境整備につなげるべきための提言をまとめた。

 「調査によるエビデンスを基に、様々な観点から議論を重ねてきた。提言に盛り込んだ内容については、工程表を作成して短期的・中期的に取り組み、10年以内には実行されてほしい」と座長を務めた渋谷氏は話した。

短時間労働や時差勤務の導入など、勤務体系の見直し求める
 報告書では、具体的な方策を(1)能力と意欲を最大限発揮できるキャリアと働き方をフル・サポートする、(2)地域の主導により、医療・介護人材を育み、住民の生活を支える、(3)高い生産性と付加価値を生み出す――の三つの観点から提示。全体を通した特徴として、都道府県に様々な機能を担わせるほか、医師から他職種への業務の移管を進める内容が多く盛り込まれた。

 (1)では、様々な世代の医療従事者が意欲と能力を発揮できるよう、「多様な生き方・働き方の選択」と、「研鑽し続けるプロフェッショナリズムの追及」を両立できるようにすることを目指す。

 具体的には、医療従事者の業務負担の軽減、育児や介護などにきめ細かく配慮するため、組織の管理者の意識改革やマネジメント能力の向上が重要だとした。そこで、医療機関の管理者になるためにマネジメントに関する研修の受講などを求めたり、管理者のマネジメントを補助するスタッフの配置を促したりする仕組みの導入を提案。さらに、性別を問わず、家族の育児や介護などを担う医療従事者に対して短時間労働、時差勤務の導入や兼業、在宅労働、施設内保育所の整備などの支援が必要だとした。夜勤に当たる医療従事者の負担軽減策としては、勤務後、次の勤務までに一定時間以上の休息時間を設ける「勤務間インターバル」などの配慮を図ることも求めた。

 女性医師の出産、育児などのライフイベントに対応する観点からも、短時間労働などの柔軟な勤務体系の導入や復帰研修の実施、保育環境の整備などに重点的・積極的に取り組むべきとした。

 医学生や若手医師などが自身のキャリアを描けるようにしたり、医療機関の働きやすさを改善する観点からは、各都道府県の地域医療支援センターや医療勤務環境改善支援センターの実効性を高めることを求めた。地域医療支援センターには、基幹病院において経験できる症例の種別・平均数やキャリア・トラックの典型例を示す役割を期待。医療勤務環境改善支援センターについては、人材・労務マネジメントに関するノウハウが不十分な医療機関を支援するため、抜本的強化が重要だとした。

 看護師については、ニーズの多様化に合わせて多様で幅広く活躍できるよう、各看護師のキャリア選択に応じた複数の養成システムを維持・発展する必要があるとして、卒前教育のカリキュラム拡充を提案。准看護師についても教育カリキュラムを見直すとともに、通信制の看護師養成課程の入学要件である「実務経験10年(2018年度からは7年)」を「5年程度」に短縮することを検討すべきとした。

 地域の医療・福祉人材不足を解消する観点からは、現在、へき地など一部の地域に限り認められている医師の派遣労働を認めることや、その対象を看護師に拡大することが必要だとした。

 さらに、様々な理由で退職した医療・介護従事者が知識や経験に基づいて活躍できるよう、「医療・介護従事者シェアリング・バンク」(仮称)の整備を求めた。シェアリング・バンクの整備により、柔軟な勤務形態で比較的心身の負担が軽い業務に医療・介護従事者を紹介・派遣することなどが可能になるという。

この記事を読んでいる人におすすめ