日本人集団においても、仮面高血圧は脳卒中の有意なリスク因子になっていることが明らかになった。心血管リスクがある外来通院中の患者を対象に家庭血圧の予後予測能を評価するJ-HOP研究の解析結果で、自治医科大学循環器内科学の藤原健史氏らが第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で報告した。

仮面高血圧は脳卒中リスク因子に、J-HOP研究の画像

ログインして全文を読む