日本気象協会は1月17日、スギ花粉の飛散ピークについて、福岡は2月下旬から3月上旬、東京・名古屋・大阪・広島は3月上旬から下旬との予測を発表した。また、ヒノキ花粉のピークはスギ花粉に続くが、最も飛散ピークが遅い東京でも4月下旬には下火になるとしている(図1、2)。

スギ花粉飛散のピーク、東名阪は3月上旬以降の画像

ログインして全文を読む