日本医療機能評価機構の医療事故情報収集等事業で、2013年1月1日~2016年10月31日の間に11件の経鼻栄養チューブの誤挿入が報告されていたことが明らかになった。同機構が12月15日に『医療安全情報No.121』として公開し、医療関係者に注意を喚起した。

経鼻栄養チューブの気道誤挿入で注意喚起の画像

ログインして全文を読む