日本認知症学会は改正道交法施行まで数カ月となっても子細が明らかになっていない状況を重く見て、警察庁や厚生労働省に制度運用の詳細を確認し、認知症専門医が改正道交法に対応するためのQ&A集を年内に制作する。

免許更新時の認知症診断、対象者は年1000人から5万人にの画像

ログインして全文を読む