日経メディカルのロゴ画像

前回流行から4年経過、マクロライド耐性に要注意
マイコプラズマ肺炎、今シーズンは大流行か

マイコプラズマ肺炎、今シーズンは大流行かの画像

 マイコプラズマ肺炎の流行が拡大している。国立感染症研究所発表の感染症発生動向調査によると、2016年10月3~9日(第40週)におけるマイコプラズマ肺炎の定点当たり報告数は1.33で、大流行した2011-2012シーズンの同週の報告数を上回った。国立感染症研究所細菌第二部室長の見理(けんり)剛氏は「世界的にマイコプラズマ肺炎の患者数増加が報告されており、日本でも流行していると判断できる」とコメントした。

この記事を読んでいる人におすすめ