日経メディカルのロゴ画像

マンスリークリップ◎感染症情報(2016年3月)
インフルエンザはピーク過ぎ減少
流行性耳下腺炎は引き続き高レベル


インフルエンザ

 国立感染症研究所感染症発生動向調査によると、インフルエンザの第13週(3月28日~4月3日)の定点当たり報告数は11.20人。今シーズンは第6週にピークを記録し、以降減少している。定点当たり報告数が多い都道府県は、福井県(23.34人)、新潟県(23.20人)、高知県(20.33人)、愛媛県(19.84人)、鹿児島県(17.97人)など。

この記事を読んでいる人におすすめ