日経メディカルのロゴ画像

マンスリークリップ◎感染症情報(2016年1月)
流行性耳下腺炎:4年半ぶりに全国的流行の恐れ
伝染性紅斑が冬季も高レベルで推移


インフルエンザ

 国立感染症研究所感染症発生動向調査によると、インフルエンザの第3週(1月18~24日)のの定点当たり報告数は10.56人。今シーズンの立ち上がりは遅かったが、第3週に急増し、注意報レベルとされる10人を超えた。定点当たり報告数が多い都道府県は、新潟県(29.28人)、沖縄県(18.22人)、青森県(16.45人)、千葉県(14.13人)、福岡県(13.68人)など。17都道県が注意報レベルを超えた。

この記事を読んでいる人におすすめ