日経メディカルのロゴ画像

日医会長「医学部定員増で医師の絶対数確保には一定のめど」
成田医学部新設に日医ら改めて反対を表明

「医師不足は医師数の絶対数の不足と偏在による」と指摘する、日本医師会会長の横倉義武氏。

 日本医師会会長の横倉義武氏は、10月29日の定例記者会見で「医学部定員増で医師の絶対数は確保しており、医師不足は偏在解消の問題」と話し、東京圏の国家戦略特別区域での医学部新設について改めて反対を表明した。会見では千葉県医師会と成田市がある印旛市郡医師会の両会長も発言し、「医師らの引き抜きによる地域医療の崩壊が懸念される」として医学部新設反対を再度強調した。

 10月1日に開催された東京圏の国家戦力特別区域の第1回会議では、区域計画の素案として「国際的な医療人材の育成のための医学部新設」が検討課題に挙げられ、「千葉県成田市などで、医学部の新設などについて検討し結論を得る」と記載されている。

 この素案に対し、日医会長の横倉氏は「医師不足は医師数の絶対数の不足と偏在による」と指摘。2015年度の医学部入学定員数が9134人となり、2007年度と比べて1509人増加していることから「医師の絶対数確保には一定のめどが付きつつある」と説明し、医師の地域偏在、診療科偏在の解消は今後の課題として「各都道府県に設置される地域医療協議会の中で、協議しながら定めていく」とした。

この記事を読んでいる人におすすめ