日経メディカルのロゴ画像

セントケアがクラリオンと介護ロボットの開発会社を設立
「服薬管理ロボ」を2015年2月に発売

記者会見で「服薬支援ロボ」の販売を発表したケアボット代表取締役社長の本谷春洋氏(中央)、セントケア・ホールディング専務取締役の関根竜哉氏(右)、クラリオン技術開発本部主管技師長の香川佳和氏(左)

 介護大手のセントケア・ホールディング(株)(東京都中央区)と車載音響機器メーカーのクラリオン(株)(さいたま市中央区)は、10月2日付けで介護ロボットの企画・販売会社「ケアボット(株)」を設立した。第1弾の製品として2015年2月から、高齢者向けの服薬支援装置「服薬支援ロボ」を調剤薬局や介護施設、高齢者住宅向けに発売する。

 利用者が服用する薬を収納したピルケースを「服薬支援ロボ」に格納しておくと、設定した服薬時間に音声・画面ガイドが作動。装置前面の取り出しボタンを押すと、ピルケースが取り出される仕組みだ。服薬時間の設定は「朝・昼・夕・就寝前」など4パターンに対応。取り出しの有無や取り出し時刻は記録され、管理画面での確認や前面に設置されたUSB端子からデータ出力(最大1カ月分)が可能である。

この記事を読んでいる人におすすめ