日経メディカルのロゴ画像

STAP細胞の作製が“簡単にできる”としていたのは間違い
バカンティ氏、STAP細胞の作製法を改訂

 STAP細胞のNature誌の論文著者だった米ハーバード大学のチャールズ・バカンティ氏と小島宏司氏が2014年9月3日、STAP細胞を効率的に作製するための改訂版プロトコルを公開していたことが明らかになった

この記事を読んでいる人におすすめ