日経メディカルのロゴ画像

有望なのはカクテル抗体製剤とRNAポリメラーゼ阻害薬
感染研西條部長、エボラ出血熱の発症前後で薬剤使い分ける可能性指摘

感染研西條部長、エボラ出血熱の発症前後で薬剤使い分ける可能性指摘の画像

 国立感染症研究所ウイルス第一部部長の西條政幸氏は2014年9月3日、国立国際医療研究センター(NCGM)メディアセミナーで講演し、エボラ出血熱に対して現時点で有望な薬剤として、米Mapp Biophramaceuticals社のカクテル抗体製剤である「ZMapp」と、富士フイルムのRNAポリメラーゼ阻害薬である「アビガン」(ファビピラビル)の2品目を挙げた。

この記事を読んでいる人におすすめ